ダービー

マージーサイド・ダービーとは?サッカー用語解説!

マージーサイド・ダービーとは?

マージーサイド・ダービー(Merseyside derby)とは、イングランドのクラブチーム「リヴァプールFC」と「エヴァートンFC」による対戦、ダービーマッチのことです。

両チームはともにイングランド北西部マージーサイド州の中心都市リヴァプールを本拠地としており(エヴァートンとはリヴァプールの一地域名)、リヴァプールにはエヴァートンFCとリヴァプールFC双方を応援するサポーターや、家族の中で応援するチームが異なることも多かったことから「フレンドリー・ダービー」とも呼ばれます。しかし現在では、多数のイエローカードレッドカードが出ることもあるなど、激しい試合となることも多いです。

また、1962-63シーズンから両チームともイングランドの一部リーグに在籍しており、イングランドのダービーの中で最長記録を誇っています。

両チームのホームスタジアムの距離が非常に近い

リヴァプールFCのホームスタジアムであるアンフィールドと、エヴァートンFCの現在のホームスタジアムであるグディソン・パークは、直線距離にするとたった600mほどしか離れていません。しかし、エフヴァートンFCの新スタジアムが2024-25シーズンに会場を予定しており、現在のグディソン・パークは再開発が予定されています。

ちなみにアンフィールドは、エヴァートンFCのホームスタジアムとして建設され、使用されていました。しかしクラブ経営陣の内紛によりエヴァートンがホームをグディソンパークへ移し、アンフィールドをホームとするために設立されたのがリヴァプールFCです。

トロンメア・ローヴァーズを含む場合も

マージーサイドには現在、リヴァプールFCとエヴァートンFC、トロンメア・ロージャーズの3つのクラブがあります。マージーサイド・ダービーとした場合、基本的にはリヴァプールとエヴァートンの対戦を指しますが、広く言えばこのトレンメアとの対戦も含まれます。

しかし、2022-23シーズンでトレンメアはイングランド4部に所属しており、対戦の機会はあまり多くありません。

-ダービー