サッカー戦術解説

ゲーゲンプレスとは?ハイプレスとの違いは?わかりやすいサッカー戦術解説!

ゲーゲンプレスとは?サッカー戦術解説

ゲーゲンプレスとは、相手にボールを奪われた瞬間に、激しくボールを奪い返しにいくの守備戦術のことです。

「ゲーゲン(Gegen)とはドイツ語で「反対・対立」という意味であり、相手のプレスでボールを奪われれば、積極的にボールを奪いにいく「相手のプレスに対するプレス戦術」といえます。相手の選択肢を絞っていきビルドアップの余裕を与えず、一度ボールを奪えばショートカウンターを仕掛ます。

前線の選手を含め、高い運動量・戦術理解度が必要な戦術であり、時にはマンツーマンで相手につきボールを奪い返します。

ゲーゲンプレスは「カウンタープレス」と言われることもあります。

ゲーゲンプレスが「対プレス戦術」であるのに対し、前線から積極的にプレスをかける戦術を「ハイプレス」と言います。

ゲーゲンプレスは高い戦術理解度と運動力が必要

ゲーゲンプレスは、前線から積極的にボールを奪いにいくハイプレス戦術と併用されるため、間延びを防ぐため必然的にコンパクトとなり、ハイラインとなることが多いです。そのため、せっかく人数をかけて前線からプレスを仕掛けても、ひとりマークを剥がされてしまえば、一瞬でピンチに陥ってしまいます。

ゲーゲンプレスには、

  • 相手を「ハメる」戦術理解度や連携
  • 守備的なポジションにいつ戻るかといった状況判断
  • 高いプレッシャーをかけ続けるハードワーク

などが選手全員に求められます。

マンマークによるゲーゲンプレスは、選手同士の戦力差が上回っているチームで採用されることが多いです。

長い縦パスと組み合わされることも

ゲーゲンプレスは「長い縦パス」を多用するチームもあります。長距離の縦パスは、相手DFも警戒するため奪われたり、競り合いの結果セカンドボールとなるなど、せっかくのボールが相手に奪われることも多いです。

しかしゲーゲンプレスを用いる場合は、「縦パスが奪われたらすぐにプレスをかけられる」位置に、パスの受けて以外の選手もポジショニングしています。こうすることで、ルーズボール争いに勝利しやすくなるだけでなく、相手ボールとなってもすぐに前線からプレスをかけることができます。

そのため、通る可能性が低いような縦パスを「相手のプレスに奪われること前提で」だし、同時に「相手のプレス対抗するプレス=ゲーゲンプレスをしかける」など、自分たちのチームが攻撃している場面から、ゲーゲンプレスは始まっているのです。

このゲーゲンプレスに「逆にプレスをかけない」という対策がとられたこともあります。

-サッカー戦術解説