サッカーのルールについて

PK戦のルールを徹底解説!通常のPKとは違う?よくわかるサッカールール解説!

2022年5月20日

PK戦(ピーケー戦)とは?

PK戦とは、試合時間が終了しても決着がつかなかった場合に、両チームのペナルティマークからのキックによって勝敗を決めることです。

主にノックアウト式のトーナメント戦など、どちらが勝利したかを決めなければならない場合に、PK戦が行われます。両チーム5人ずつが交互にボールを蹴り得点の多いチームが勝利、5人で決まらなければ、6人目以降サドンデス方式で行われます。

試合中にペナルティエリア内で直接FKとなるファウルが起きた際に与えられる「ペナルティキックとは若干ルールが異なる」ため、正確には「ペナルティマークからのキック」といい、英語ではKMPM:kicks from the penalty markまたは、PSO:Penalty shoot-outと言います。

なお、延長戦を行わずにPK戦で勝者を決めることもあるほか、PK戦の勝者がトーナメントで勝ち上がりますが、「PK戦に突入した試合は、公式戦上は引き分け」と記録されます。

PK戦が導入される前

PK戦は、1970年に初めて導入されている比較的新しいルールです。PK戦が導入される前は、

  • 延長戦を繰り返す
  • 後日の再試合
  • コイントスやくじなどの抽選

などによって決められていました。ちなみに初めてのPK戦のキッカーは、"伝説の7番"北アイルランド代表のジョージベスト選手です。

初のPK戦決定は1976年の欧州選手権

国際的な大会の決勝で初めてPK戦が行われたのは、1976年の欧州選手権の決勝「チェコスロバキア対西ドイツ」です。その試合を決定づける瞬間の5人目、アントニーン・パネンカ選手のシュートは大きな話題となり、彼の名が冠するプレー「パネンカ」となりました。

PK戦のルール

PK戦の細かいルールについてご紹介していきます。

通常のペナルティキックとの共通点

基本的には「ペナルティキック」と共通です。

  • ボールはペナルティマーク上に置く
  • キッカーは蹴るまでの助走で止まったり緩急をつけることはできるが、戻ることはできない(違反した場合失敗扱い)
  • キッカーは蹴る時にキックフェイントなどで足をもどしてはいけない(失敗扱い)
  • GKは蹴る前にゴールライン上にいなければならない(違反しつつキッカーが外した場合やり直し)
  • キッカーは特定されなければならない

PK戦に出場できるのは、試合終了時にプレーしていた選手のみ

PK戦に出場できるのは、PK戦直前に試合に出場していた選手のみです。控えの選手や途中交代、退場などをした選手はキッカーになることはできません。

そのため、延長後半の最後などPK戦に突入する直前に、PKストップを得意とするGKを投入することもあります。

人数が異なる場合は少ない方に合わせる

PK戦では「少ないほうに人数を調整」します。例えば、片方のチームが退場などによって10人でPK戦を迎えた場合、11人いるチームはPK戦に挑む10人を決定します。ここで除かれた1人は、下記で説明するサドンデス方式で11回目に突入しても、キッカーになることはできません。

万一キッカーがPK戦中に負傷した場合でも、これも負傷者が出ていないチームが人数を合わせます。

GKのみ、PK戦中に負傷してしまった場合で交代枠が余っていれば、その枠から交代することもできます。

コイントスによって使用するゴールと先攻・後攻を決定

コイントスを行い「PK戦をどちら側のゴールで行うか」を決定します。(以前は行うゴールの決定は主審が決定している時もありました。)
その後、もう一度コイントスを行い「コイントスに勝利したチームが先に蹴るか、後に蹴るかを決定」します。

一度キッカーを務めた選手は全出場選手が蹴り終えるまでキッカーになれない

一度キッカーを務めた選手は、PK戦に出場する全ての選手がキッカーを務めるまで再びキッカーを蹴ることはできません。

そのため、最初も5人だけでなく、通常11人目までの順番を事前に決定します。

両チーム交互に5本ずつ蹴る

まずは5本での成功数で勝敗を決めます。なお、3本目以降勝利チームが確定した場合、その時点で試合終了となります。(例えば最速の場合、片方のチームが全て決め、片方のチームが全て外せば、3本目で試合終了となります)なおキッカーはGKでも問題ありません。

5本で勝負がつかなければサドンデス

5本を終了して両チームのスコアが同じ場合、片方のチームが決め、もう片方のチームが失敗し点数に差がつくまでサドンデス方式で継続します。なお、11人全員が蹴るまでは、同じ選手が2回蹴ることはできません。

一巡した場合サドンデスは継続するが順番は変えてもいい

11人全員がキッカーを務めても勝敗がつかなかった場合、サドンデスルールは継続しつつ2巡目に突入します。なお、1巡目と2巡目で蹴る順番を変えてもいいため、1巡目で最初に蹴った選手と変更しても構いません。

キッカーがボールに触れることができるのは1度のみ

PK戦でキッカーがボールに触れることができるのは1度のみです。そのため、

打ったシュートがGKにセーブされたり、ゴールポストクロスバーに跳ね返ったものに再度シュートを打つことはできません。

キッカー以外の選手はセンターサークル内のセンターライン付近で待機

センターサークルの図解
センターサークルの図解

PK戦の際、キッカー以外はセンターサークル内にいなければなりません。

しかし、水分補給や防寒着を着用することが許されています。

GKのみセンターサークルではなく「ペナルティエリア外」にいることが許されています。

PK戦は「先行が有利」というデータも

PK戦は「先に蹴った方が勝利することが多い」という研究結果が発表されています。

イギリスの研究機関のデータによると「先攻の勝率は後攻の1.5倍」という結果が出ているほか、コイントスで勝利したチームは先行を選ぶ傾向があります。

ABBA方式のPK戦

PK戦の「先行有利」を軽減するのはなく、先行後攻と最初に決めるのではなく、先行➡︎後攻➡︎後攻➡︎先行➡︎先行➡︎後攻・・・とキッカーが前後する方式を「ABBA方式」と言います。

日本で数回テストされたこともありましたが、国際的な大会では導入されていません。

-サッカーのルールについて